お庭で

2011.04.30 Saturday

0
    あつです。桜
    北海道にも、ようやく春がきました。岩崎園芸のお庭にも少しずつ花が咲き始め植物はまだ寒い春風の中、少しずつ芽を息吹かせております。桜
    当園では多年草を取り扱う専門店として毎年楽しめる草花の魅力を少しでも多くのみなさまに知っていただきたいと思っております。
    手軽にお庭で楽しめる山野草、宿根草や栽培の難しい高山植物や珍品まで、その楽しみ方や栽培は様々ですが植物を育てることには変りありません。
    毎年花を咲かせる楽しみ、草花を通して季節を感じる喜びを園芸に携わるものとして、当園のお庭を通してこれからみなさまに少しずつお伝えしていけたら幸いと思います。

    2011の2月の風景です。白く美しい雪景色。手前に生えているのはこコウヤマキ(マツ科)の針葉樹です。
    その奥に少し山になって見えるのがロックガーデンです。全て白一色の世界です。雪

    雪が溶けてロックガーデンが現れます。ここに山頂から平地にかけて和、洋の高山植物、山野草、宿根草が植え込んであります。4月29日現在、様々な植物が芽を息吹かせてきております。また、花を咲かせる早春の山野草は花を咲かせております。桜
    当園のお庭で現在花を咲かせている品種は福寿草、ミスミソウ、ラナンクロス・コッチー、 クロッカス、 アネモネ・ブランダぐらいです。これからたくさんの草花が季節ごとに花を咲かせてるのが楽しみです。桜

    ロックガーデン、高山植物コーナーに植えてあるチングルマの現在の状態です。株は枝の先端から少し芽が息吹いた状態で昨年つけた種のあともあります。
    これが半月もすると〜びっくり

    こんなに美しく花を咲かせます。楽しみですね。

    また、小さなウットガーデンに植え込んであるタイツリソウも芽を出しグングン伸びだしていました。

    力強く地中から芽を息吹かせます。これが20日ほどすると〜びっくり

    次のような状態になります。ここには草丈の高くなる宿根草を後方にカライトソウ(7月開花) 黄金コデマリ(6月開花) 京鹿の子(6月開花) 中段にタイツリソウ(5月開花) タリクトロムデラバエ(6月開花) カナダオダマキ(5〜6月開花) 前方に白花ヒメシャクナゲ(5月開花)オオバキスミレ(4〜5月開花)などを、植え込んであります。前方手前に植えてあるヒメシャクナゲは時とともに姿がだらしなくなります。これを綺麗な姿で保つには花後、新しい葉が伸びだす時期を見逃さず思い切って枝先をハサミで切り込んであげることです。
    これを年に一度、花後に行うことで木姿の整ったかっこいいヒメシャクナゲを保つことができます。ときめき
    シコタンハコベ
    現在のシコタンハコベです。昨年の秋9月下旬ごろハサミで刈り込みました。秋口に刈り込むことによりコンパクトでかっこいい姿を保つことができます。夏場、気温が上がる関東を中心にした栽培では真夏に差しかかる前に一度、ハサミで思い切って刈り込みましょう。ボーズ頭みたいに。
    シコタンハコベは葉が密集して株を形成する植物です。どうしても中は蒸れやすくなるので刈り込むことにより暖地でも株をさほど痛めず管理できます。本州では夏、秋半場の年二回ほど刈り込んであげましょう。「刈り込んだばかりの姿はかっこ悪いし、こんなに切って大丈夫かなぁ」と思いますが、刈り込んだ後2週間後はもう、かっこういいです。話に戻りますが、現在の状態のシコタンハコベですが一月すると〜びっくり

    もっこもこのかわいいシコタンハコベに変身します。お庭でのグランドカバーやプランターでの寄せ植えに最適です。

    ガーデン内の山菜コーナーです。山菜は一度植えると毎年楽しめる健康野菜です。食べてもよし、花の観賞もよしの多様な楽しみ方ができます。
    上記、写真は現在のギョウジャニクの写真です。まだ、芽出しですね。でも〜これが一月後には〜びっくり
    山菜ガーデン
    こんなになります。写真左端の白いボンボコリンの花を咲かせてるのがギョウジャニンニクです。
    その他ここには何でも食べれるものを一通り植えてあります。モミジガサ、姫イズイ、ヤマウド、コゴミ、大実コケモモ
    ハスカップ、コオニユリ、アマドコロ、フキなど食べれる山菜だけでも立派なお庭になりす。食べなければ。ときめき

    また、北海道では雪解けと共に顔を出し花を咲かせるクリスマスローズ。クリスマスローズが植えてあった場所は今月上旬から中旬にかけて
    雪が消え、現在花を咲かせております。ここに植えているクリスマスローズはシングルのピコティー赤、ピンクなどスタンダードなタイプばかり。
    クリスマスローズが花を咲かせます。

    ロックガーデンではウツギも芽吹き始めました。6月頃にはたくさん花をつけてくれます。生け花やお茶花としても使えお庭でも存在感があります。バイカウツギ
    目を覚ましたお庭の植物達は今シーズンはどのような成長を遂げるのでしょう。また、人が手お加えることにより、お庭がどのように変化するか、様々な植物にはどのような性質があるかをお伝えできればと思います。 あつより。


    にほんブログ村 花ブログ 花屋(・園芸店)へ